快適空間研究所 Institute for Amenity Space
NEWS & COLUMN
TOPWORKSCOMPANY PROFILENEWS & COLUMNLINKCONTACT

悠々として急げ!快適生活の達人日記
by kaitekikukann
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
あっぱれヤマボウシ
庭のヤマボウシが、
今年は見事に咲き誇っています。
c0134102_103997.jpg

家人によると、
道行く人がきれいですねと褒めてくれるそうです。

まだ庭に植えて10年足らずの幼木なので、
毎年しっかり花を咲かせるのはキツイらしく、
昨年はそれ程でもなかったのですが、
その分今年は頑張ったようです。

りりしく上品な4枚の白い花弁が見事です。
よく見ると白い花弁の先端はほんのりうす紅色がさしています。

凛としたそのたたずまいを眺めるのが、
このところの毎朝の楽しみです。
[PR]
by kaitekikukann | 2008-05-20 00:07 | 悠々として急げ
我が家のモーダルシフト
ゴールデンウイーク明けから、
もっぱら電車通勤に徹しています。

このところのガソリン価格の急騰ぶりはちょっと異常です。
暫定税率廃止で25円程下がったと喜んでいたら、
復活したとたんに,
以前下がった分のほぼ5割増の35円程のアップです。

何のことはない。
ガソリンスタンド各店に値上げの口実を与えてやったようなもの。
もし4月に25円下がらなかったとしたら、
原油価格の高騰分を、
こうも簡単に末端価格に転嫁できなかったことでしょう。

それにもまして露骨な便乗値上げの様相。

でも不思議なことに新聞はじめ主要なメデイアは、
このガソリン価格の暴騰をことさら取り上げようとはしていない様子です。

ガソリン価格の値上げがCO2削減に寄与しているとでもいわんばかりです。

という訳で時流に流されるままに、
我が家もささやかなモーダルシフトを実践することにします。
しばらくはできるだけ車に乗らないように心がけることにしました。

ところで、電車通勤には思わぬ効用もあります。

その最たるものは読書の時間が取れること。
30分もあればかなりまとまった分量を読破できます。
これはちょっとした新鮮な驚きです。

それと一昔前程通勤電車が混まないのもいい。
皆さん時差出勤を心掛けているのでしょうか。

ガソリン価格の高騰に対するちょっとしたレジスタンスのつもりが、
意外にも快適な時間を見つけてしまいました。

後、自宅から最寄りの駅までの、
1Kmちょっとの距離を毎日しっかり歩くことが習慣化できれば、
メタボ対策にもなって一石二鳥なのですが。
[PR]
by kaitekikukann | 2008-05-19 23:44 | 悠々として急げ
雨の賢島カントリークラブ
週末に、昨秋上田桃子プロがアルバトロスを出して優勝した、
かの賢島カントリーでプレイさせてもらいました。

あいにく終日の雨、
それもこの時期には似つかわしくない、
肌寒い雨の一日でした。

それにしても女子プロの飛距離には降参しました。
この日はフェアウェイがびしょびしょのぬかるみ状態で、
まったくランが期待できなかったとはいえ、
例えば上田桃子プロのテイーショットの落下位置を示す表示板は、
遙か前方にあるのには参りました。

何とかいう米国の女子プロの表示板などは、
何と飛距離320ヤード程、
打ち損じた二打目のボールが、
ちょうど同じ所に止まっていました。

エツ女子プロの第一打がここまで飛んだのと口あんぐり。
推定100ヤード以上違うのですからどうにもなりません。

すばらしいコースだったのですが、
当日はちょっと天気が悪すぎました。

フェアウェイはもちろんのこと、
グリーン上までも所々水が浮き出す一歩手前状態でしたから、
トーナメントならまず中止だったでしょう。

おかげでゴルフはボロボロでしたが、
童心に帰ってどしゃ降りの雨と戯れて、
一日楽しく遊ばせてもらいました。

もう一度天気の良い日に、
是非とも挑戦させてもらいたいものです。
[PR]
by kaitekikukann | 2008-05-11 23:27 | ゴルフの達人シングルへの道
上達の壁
今年の目標の一つだった、
所属クラブの年一回のハンデイ付メジャー競技会、
「プレジデントカップ」の予選通過が果たせませんでした。

このゴールデンウイーク中、
ずっとゴルフ漬けの日々だったというのに、
現実は甘くはなかったということでしょうか。

スタートはすこぶる順調、
アウトを終わってハーフ40とまずまずの出来でしたが、
後半のインで崩れてしまいました。

普段の月例競技会でもほとんど記憶にない、
後半のスタートホールのイン10番での、
痛恨のテイーショットOBがつまづきの始まりでした。

大きな大会時にありがちな自滅のパターンに、
まんまとはまってしまいました。
もがけばもがくほど悪循環の罠にはまる、
いつものパターンです。

終わってみれば予選通過ラインより2打足らずの惜敗。
こんなことなら後半のラウンドで、
少々のミスを気にせずにじっくり焦らずにラウンドしていればと、
悔やんでも後の祭りです。

結果としてあがり3ホールの、
ショートパットの連続ミスが致命傷になったようです。

自分ではもうちょっとで越えられそうな気がするというのに、
結果はいつも惨敗。
想像以上に高い壁が大きく立ちはだかっています。

このままでは今秋までの目標達成がかなり危うくなってきました。
何とか対策が必要なようです。

特に痛感しているのが下半身の体力不足。
いままでのような週一ペースでは、
とてもこの壁を克服できそうにありません。

ここしばらく決まったようにラウンド後半にゴルフが乱れるのは、
疲れからくる下半身のゆれが原因だと思われます。

遅まきながら下半身強化のメニューを、
これから毎日の日課にしたいと思います。
まずは手始めに最寄り駅までの徒歩通勤です。

それとパットの練習。
これは毎日の素振りの実践です。

何とも反省の日々ではあります。
[PR]
by kaitekikukann | 2008-05-06 17:51 | ゴルフの達人シングルへの道
Copyright © 2007 Institute for Amenity Space. All Rights Reserved.
TEL:052-262-0161/FAX:052-262-0160
〒460-0011
名古屋市中区大須四丁目13-46 ウィストリアビル2F