快適空間研究所 Institute for Amenity Space
NEWS & COLUMN
TOPWORKSCOMPANY PROFILENEWS & COLUMNLINKCONTACT

悠々として急げ!快適生活の達人日記
by kaitekikukann
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
栄光の侍ジャパン
野球の国別対抗戦いわゆるWBCで、
日本代表が二連覇を達成しました。

おめでとう侍ジャパン。

宿命のライバル韓国との決勝戦は、
近来稀にみる死闘でした。
こんな名勝負はめったに見られるものではありません。

最初から最後まで力と力のぶつかり合い、
攻守にわたるファインプレイの連続で、
凡プレイは皆無です。

何よりゲーム展開がスリリングで、
一進一退、勝負の女神がどちらに微笑むのかは、
最後までわかりませんでした。

勝負のあやはめまぐるしく変わり、
ターニングポイントは数知れず、
最後まで息つく暇なく、
まさに手に汗握る熱戦でした。

最後はイチローのタイムリーで決着がつきましたが、
投手陣の松坂、ダルビッシュ、岩隈、杉内、藤川、涌井、田中、
野手の内川、青木、片岡、中島、稲葉、小笠原、川崎、
無念の途中リタイアした村田、
そして岩村、福留、城島、
もちろん監督の原、コーチの山田,与田、高代、
その他代表メンバーすべてがヒーローです。

敗れた韓国チームも見事でした。
球史に残る名勝負はライバルの韓国あればこそです。

それにしても見る者に勇気と感動を与えてくれた、
侍ジャパンの偉業でした。
[PR]
by kaitekikukann | 2009-03-26 20:52 | 悠々として急げ
上海建築視察旅行
先週末駆け足で上海へ行ってきました。
十数年前に初めてかの地を訪れて以来2度目の上海です。

町並みは劇的な変わりようでした。
というより、バンド地区の対岸に新たに超高層ビル群が林立する、
新しい街が突如出現していました。

バンド地区周辺も旧市街地をスクラップアンドビルドして、
街の至るところで近代的な町並みに再開発中でした。

街のそこかしこがまさに工事中なのでした。

旅行の目的は今現在世界一のノッポビルである
SWFC(上海国際金融センター:通称上海森ビル)の視察と、
浦東エリアの巨大物流センター建設地の見学でした。

SWFCは巨大なセンヌキです。
ビル形状そのままのセンヌキが、
お土産一番人気とのことで早速一本購入してきて、
ただいま書棚の置物になっています。

おのぼりさんよろしく、
世界一高い地上約500mの、
展望ラウンジからの眺めはなかなかのものでした。

当日は久しぶりに天気がよかったそうですが、
それでもかすみがかかったようで、
青い空は望むべきもありません。

先回の時もそうでしたが、
上海はカメラをもっていても、
いつもすっきりした写真が撮れなさそうで、
ついシャッターを切れずに終わってしまう街です。

町並みにとって青空がいかに大切かということを思い知りました、
建物や街並みは街路樹の緑と青空、
そして清潔なペイブメントがあってこそです。

それでも現代中国のほとばしるエネルギーを、
如実に体感できた上海旅行でした。
[PR]
by kaitekikukann | 2009-03-12 23:03 | 悠々として急げ
Copyright © 2007 Institute for Amenity Space. All Rights Reserved.
TEL:052-262-0161/FAX:052-262-0160
〒460-0011
名古屋市中区大須四丁目13-46 ウィストリアビル2F