快適空間研究所 Institute for Amenity Space
NEWS & COLUMN
TOPWORKSCOMPANY PROFILENEWS & COLUMNLINKCONTACT

悠々として急げ!快適生活の達人日記
by kaitekikukann
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
名古屋ドームVIP席観戦
c0134102_1854252.jpg













                                                        名古屋ドーム


先日名古屋ドームで中日×ヤクルト戦を、
初めてVIP席で観戦してきました。

バックネット後方の少し高い位置からの観戦でした。
お誘いを受けて一度は経験してみるのも良いかと思い、
参加させていただきましたが、
それなりにゲームを楽しむことができました。
引き締まった良い試合でした。

試合は2対1でドラゴンズの勝ち。
ほろ酔い気分で気持ちよく帰路に着きました。
[PR]
by kaitekikukann | 2009-08-17 18:15 | 悠々として急げ
ラウンドイメージ
ご承知のようにゴルフは18ホールで1ラウンドです。
そして大抵は前後半ハーフ9ホールずつで、
昼食休憩を挟むのが普通です。

ところで皆さんはこの全18ホールを、
どんなイメージでラウンドされているでしょうか。

これまでは3ラウンドずつで区切って、
小さな目標を立てて回っていました。
これが一番常識的なラウンドイメージかと思われます。

ただし、このやり方はそれなりにメリットもあるのですが、
得てして自分で自己規制してしまいそうで、
今ひとつ成績の殻を破れない一因ではないかと、
最近疑うようになりました。

3×3×3/3×3×3:一般的な3ホール毎のスコアメイク
3×6/6×3     :スタートとあがり3ホール以外はできるだけ連続してラウンドする
3×4×2/3×4×2:スタートは手堅く、中盤以降は流れにまかせる 
3×3×6×3×3   :前後半を連続的にイメージする
3×4×4×4×3   :ラウンドの中盤は4ホール刻みにスコアメイクする
3×4×4×4×2×1:あがり3ホールは小刻みにいく 

区切り方はいろいろ考えられますが、
無難にスタートできれば、
後は出来るだけ流れに乗ってラウンドした方が、
概ね結果が良さそうです。

ちなみに、先日のラウンドでは、
「3×4×4×4×3」方式を試してみましたが概ねうまくいきました。
唯一の反省点は最後のあがり3ホールで、
スコアを意識したわけでもないのに、
いつものようにもろくも崩れてしまったこと。

判ったことは私の場合、
3ホール刻みより4ホール刻みの方が、
自分のリズムに合っているということです。

次回は「3×4×4×4×2×1」方式を試して見たいと思います。
[PR]
by kaitekikukann | 2009-08-11 18:14 | ゴルフの達人シングルへの道
Copyright © 2007 Institute for Amenity Space. All Rights Reserved.
TEL:052-262-0161/FAX:052-262-0160
〒460-0011
名古屋市中区大須四丁目13-46 ウィストリアビル2F