快適空間研究所 Institute for Amenity Space
NEWS & COLUMN
TOPWORKSCOMPANY PROFILENEWS & COLUMNLINKCONTACT

悠々として急げ!快適生活の達人日記
by kaitekikukann
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
太陽パワー
今朝は天高く秋晴れ。
何気なしに目をつぶって朝日に顔を向けました。

目の前が徐々に真っ赤になり、
暖かい陽射しと共に、
お日様のエネルギーが身体の中に入り込んでくるような、
不思議な感覚にとらわれました。

朝の光は特別なエネルギーがあるとか、
朝日にあたると健康になるとか、
ちょっと非科学的な言説を聞いたことがありますが、
実際に体感したのは初めてでした。

ちょっとクセになりそうな体験でした。
[PR]
# by kaitekikukann | 2010-10-01 18:36 | 悠々として急げ
孫の誕生
9月12日夜、長女の第二子が無事生まれました。
初めての男子の孫になります。
まずはめでたし、めでたしです。

東京での出産だったため、
おかげで家内は約2週間程付き添いで、
名古屋の家を空けていました。

ほとんどが、3才の長女のお守り役だそうです。
それにしても現在の我が国の都会で、
2人3人と子供を産み育てることの大変さを、
つくづく考えさせられました。

お守り役がいない場合はどうするのでしょうか。
友達どおしの互助ネットワークを利用するとかの話も聞きますが、
いずれにしても並大抵の努力ではすみません。
「イクメン」という言葉がメデイアで流布されていますが、
勤め人の亭主もやりくりが大変そうです。

我が国の少子化の流れを止めるためにも、
社会システムとしての育児環境を、
地域で構築していく必要性を痛感します。
[PR]
# by kaitekikukann | 2010-09-29 16:24 | 悠々として急げ
ふるさと全国県人会祭り
秋風が立つというのに残暑厳しい中、
恒例のふるさと全国県人会祭りが、
名古屋栄の久屋大通公園で開催されました。

例年、私は東海和歌山県人会の一員として、
県人会ブースにかりだされて、
特産の南高梅パックを売りさばいていました。

今年は残暑もものかわ、人出も多く、
日曜日一日で、何と約300パック超も売り上げました。

南高梅は今や全国区ブランドになったせいか、
お買いあげのリピーターも多く、
大助かりでした。
c0134102_1804453.jpg

[PR]
# by kaitekikukann | 2010-09-14 18:04 | 悠々として急げ
夏の終わり
暦はいつの間にか9月ですが、
今年の夏の暑さはまさに異常で、
伝え聞くところによると、
過去100数十年の観測史上で一番の暑さとのことです。

日中の暑さはまだまだですが、
あの暑苦しいセミの鳴き声に替わって、
夜ともなると、涼しげな虫の音が、
何処からともなく聞こえてくる今日この頃です。

ところで今,政界は民主党の代表選挙の熱気で、
それこそヒートアップして夏本番の趣きです。

両雄の出馬表明までのゴタゴタはともあれ、
結果として選挙で正々堂々と戦うことになったことは、
一定の評価が出来ると思います。

どちらが勝利するにしろ、
明治以来の中央官僚機構を頂点とする、
我が国の社会経済統治システムは根本的に
構造改革を迫られていることはまちがいありません。

特に地方はまさに惨憺たる現状です。

小手先の政策対応では如何ともしがたいところにまで、
立ち至っていることは事実でしょう。

しっかりとした政策論争の上で、
我が国の将来を見据えた骨太の政策を実現していく、
強力な内閣の実現とリ-ダーシップを期待したいものです。
[PR]
# by kaitekikukann | 2010-09-02 14:48 | 悠々として急げ
ナラ枯れ
この夏ここ中部地方の里山や近郊の山々で、
「ナラ枯れ」の被害が急に目立ってきました。

青々とした深緑の山々の合間に、
紅葉ではない「まっ茶色」の、
立ち枯れた木々が目立つようになり、
不思議に思って調べてみたら、
「ナラ枯れ被害」だと知りました。

ちょっと異様な景観です。
原因ははっきりしていて、
「カシノナガキクイムシ」という害虫が、
各地で異常に繁殖しているのだそうです。

我が国では東北地方から始まり、
今やここ中部地方でも猛威をふるっているのでした。

私が近郊の山々で、
この異変に気づいたのは今年の初夏以降ですが、
先日は市内にある名古屋大学の構内でも、
何カ所か見かけるようになりました。

広葉樹林帯を中心とする、
日本の誇るべき里山の景観が、
こんな風に急速に壊れていくのを目の当たりにして、
何とも残念でなりません。

早急な対策が望まれます。
[PR]
# by kaitekikukann | 2010-08-20 17:59 | 悠々として急げ
Copyright © 2007 Institute for Amenity Space. All Rights Reserved.
TEL:052-262-0161/FAX:052-262-0160
〒460-0011
名古屋市中区大須四丁目13-46 ウィストリアビル2F